こんにちは。
大阪府堺市で不用品回収・遺品整理を行うワイエイトです。

今回のブログではソファーを処分する4つの方法について、それぞれのメリットやデメリットと共にご紹介するので、ご自身のご希望に合う方法をお選びいただく参考にしてください。

ソファーの4つの処分方法

引越しや結婚、また海外への移住や老人ホームへの入居などを機に、不要になったソファーを処分したい!とお考えの方に向けて、ソファーを処分する4つの方法についてブログにまとめたいと思います。

ソファーの処分方法としては、代表的なものに以下の4つがあります。

上記の4つ以外には、ソファーの買い替え時にオススメの「家具を購入するお店に引き取ってもらう」などの方法もございますので、ソファーを買い替える際の処分でお困りの場合は、ぜひそちらもご検討なさってみてください。

自治体に粗大ゴミとして出す

ソファー処分
こちらの処分方法はコストを最も抑えられる反面、少し手間がかかります
費用は地域自治体によって異なりますが、堺市の場合は400〜1200円で引き取ってくれるようです。

*1人掛けソファー:400円、2人掛けソファー:800円、3人掛けソファー:1,200円が処理手数料となっています。(2023年4月現在)

堺市で粗大ゴミとして回収してもらう手順

・大阪府堺市の粗大ゴミの出し方
https://www.city.sakai.lg.jp/kurashi/gomi/gomi_recy/bunbetsu/shigen/sodaigomi/index.html

1.受付センターで申し込み

2.手数料を確認し、粗大ゴミ処理手数料券取扱店で粗大ゴミ処理手数料券を購入

3.粗大ゴミ処理手数料券を貼って、収集日の午前9時までに指定の場所に粗大ゴミを出す

まずは市区町村の粗大ゴミ受付センターに電話をし、処分にかかる手数料を確認してください。
そして市役所や指定のスーパー、コンビニなどで手数料を支払い、粗大ゴミ申し込み券(シール)を購入します。

あとは、粗大ゴミ収集日の朝にソファーにシールを貼って出せばOKです。

堺市以外の大阪府内の粗大ゴミ受付センター

・大阪府大阪市の粗大ゴミの出し方
https://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000369355.html
・大阪府岸和田市の粗大ゴミの出し方
https://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/170/dasikata.html#sodai
・大阪府東大阪市の粗大ゴミの出し方
https://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000000090.html
・大阪府八尾市の粗大ゴミの出し方
https://www.city.yao.osaka.jp/0000037504.html
・大阪府豊中市の粗大ゴミの出し方
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/kurashi/gomi_risaikuru_bika/bunbetsu_dashikata/sodaigomi_dashikata.html
・大阪府柏原市の粗大ゴミの出し方
http://www.city.kashiwara.osaka.jp/docs/2014050900164/
・大阪府泉佐野市の粗大ゴミの出し方
http://www.city.izumisano.lg.jp/kakuka/seikatsu/kankyo/menu/gomi/gomi_katei/1438582381136.html
・大阪府吹田市の粗大ゴミの出し方
https://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-kankyo/jigyo01/_74244.html

自治体に粗大ゴミとして出す場合のメリットとデメリット

ソファーを自治体に粗大ゴミとして回収してもらう場合のメリットとしては、費用の安さにあります。

一方でデメリットとしては、少々手間のかかる手続きを自分でしなければいけない点にあり、仕事などで忙しい単身者の方には結構負担になります。
また重たいソファーを粗大ゴミの収集場所まで運び出さなければいけないので、高齢者の方や女性の一人暮らしの方には難しいケースが多いようです。

*特にマンションや団地などの場合は、エレベーターに積み込めない場合や、階段の幅が狭くて降ろすのが難しいケースもあります。

堺市なら高齢者や障害者の方でも安心のふれあいサポート収集が利用できる

堺市では高齢者や障害者の方で、自ら所定の場所へゴミを排出することが困難で、かつ身近な人の協力が得られない方へのゴミ出しサポートを実施されております。

【対象】*以下の全ての要件を満たす方
・65歳以上の高齢者で、ホームヘルパーの介護を受けている方か、身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の交付を受けている方
・自分でごみ出しをするのが難しく、家族や近隣世帯の協力が得られない方
・集積場へのごみ出しが困難な方

*粗大ゴミの場合も同様にこちらのサービスを利用することができ、家の中からゴミを運び出し、収集を行ってもらえます。(申し込みは年度内2回まで)

▼堺市のふれあいサポート収集の詳細はこちら
https://www.city.sakai.lg.jp/kurashi/gomi/gomi_recy/bunbetsu/shigen/sodaigomi/sodaifureai.html

粗大ゴミを自分でクリーンセンター清掃工場に持ち込んで処分

またソファーをご自身で運搬し、堺市のクリーンセンター清掃工場に持ち込んで処分をする方法もあります。

処分に必要な料金としては、堺市なら100kgまでなら一律1,100円〜1,700円(100kgを超えた場合は10kgごとに170円)で処分をしてもらうことが可能です。

▼堺市に二ヶ所あるクリーンセンター詳細
http://www.city.sakai.lg.jp/smph/kurashi/gomi/gomi_recy/bunbetsu/shigen/sonotagomi/mochikomi.html

地域の不用品回収業者に任せる

ソファー処分
最も手間がかからない方法で、コストを安く抑えることができる業者選びが出来れば、格安料金でソファーの処分を丸投げできます。

地域の不用品回収業者に任せる場合のメリットとデメリット

メリットとしては、自分の都合の良い日時に引き取りに来てもらうだけなので、手間がほとんどかからない点にあります。

また積極的に買取をしてくれる業者に依頼すれば、「思わぬ高値でソファーを買取をしてもらえた!」なんてケースもあり、「逆にお金がもらえた!」といった嬉しい事例もしばしば。

もちろん運び出しも業者にお任せできるので、女性の一人暮らしや高齢者の方にもオススメです。

一方でデメリットとしては業者選びに失敗すれば費用が高くなる点にあります。
業者選びのポイントは、買取に力をいれていて、安心してお任せできる不用品回収業者に依頼することです。

堺市でソファーの処分なら不用品回収のワイエイトがオススメ
不用品回収のワイエイト

堺市でソファーの処分をご検討されている方は、不用品回収のワイエイトにご相談ください。
地域最安値帯の価格を目指したご提案はもちろんのこと、大阪市や堺市にお住いの方なら即日対応も可能です。

もちろん、お値段をおつけできるソファーにつきましては、他店さんに負けない高価買い取り価格で買取させていただきます。

またソファー以外にも不要になった粗大ゴミがある場合は、まとめて処分することで割安になります。
例えば当店の場合は、軽トラックに不要になった粗大ゴミを積み放題で5,000円〜ご利用いただけます。(処分する粗大ゴミの種類によって、5,000円〜、12,000円〜、22,000円〜の3つのプランがございます。)
>>軽トラック積み放題プランの詳細はこちら

>>不用品回収のご相談はこちら
TEL:072-248-6249

リサイクルショップに引き取ってもらう

ソファー買取
値段がつくような高価なソファーや希少価値の高いソファーなどはリサイクルショップや家具買取の専門店に引き取ってもらう方法もオススメです。

リサイクルショップに引き取ってもらう場合のメリットとデメリット

ただしリサイクルショップや家具買取の専門店によっては、出張引き取りサービスを行なっていないケースや、有料のケースがあります。

なかなか大きなソファーを自分でお店に持っていくのは大変だと思うので、出張引き取りサービスが無料でない場合は不用品回収業者に依頼した方が良いでしょう。

*ただしお持ちのソファーが非常に高価な場合や、希少価値が高い場合は、まずは専門店にご相談されることをオススメします。

フリマアプリ等で販売する

メルカリなどのフリマアプリやヤフオクなどのオークションサービスで販売する方法があります。

フリマアプリ等で販売する場合のメリットとデメリット

こちらの方法は、配送の手配や落札者とのやり取りなど、非常に手間がかかり面倒な点がとにかくデメリットです。

またクレームが発生する場合もあるので、専門知識を有さない方が出品すると、思わぬトラブルに巻き込まれるなどの心配があります。

まとめ

ソファーの処分について、4つの方法をご紹介しました。

1.自治体に粗大ゴミとして出す
2.地域の不用品回収業者に任せる
3.リサイクルショップに引き取ってもらう
4.フリマアプリ等で販売する

自治体に粗大ゴミとして出す方法のほか、粗大ゴミの引き取り業者やリサイクルショップ、フリマアプリ等で販売する方法など、様々な方法があります。

ソファーを処分したい場合は、今回ご紹介した方法の中からご自身に最適な方法で処分してください。

[2023年4月情報更新]