こんにちは。
大阪府堺市で不用品回収・遺品整理を行うワイエイトです。

今回のブログでは、不要になったベッドを処分する4つの主な方法について解説いたします。
それぞれの方法にメリットとデメリットがあるので、ご自身のご希望に合った最適な方法を選択してください。

不要になったベッドを処分する4つの方法

引越しや結婚、また海外への移住や老人ホームへの入居などを機に、不要になったベッドを処分したい!とお考えの方に向けて、ベッドを処分する4つの方法について解説していきたいと思います。

自治体に粗大ゴミとして出す

ベッド処分
ベッドの処分方法として最もポピュラーなのが、粗大ゴミとして自治体に回収してもらう方法です。

コストが抑えられる反面、一人で大きなベッドを解体し、指定の場所まで運び出すのはなかなか大変な作業で、女性の一人暮らしや高齢者の方には少し難しい処分方法となっております。
こちらの処分方法をご利用になられる場合は、まずはお住まいの市区町村にある粗大ゴミ受付センターに電話をし、詳しい処分方法やお手続き、費用等をご確認してください。

処分にかかる費用の相場としては、シングルベッドで800〜1000円、ダブルベッドで1000〜1200円程です。(2023年4月現在)

*堺市でベッドを処分する場合は、ベビーベッド:400円、パイプベッド:800円、シングルベッド:800円、ソファーベッド:800円、二段ベッド:800円、セミダブルベッド:1,200円、ダブルベッド:1,200円、ソファーベッド:2,000円の処理手数料となっております。

大阪市の粗大ゴミ処分方法

https://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000384507.html

堺市の粗大ゴミ処分方法

https://www.city.sakai.lg.jp/smph/kurashi/gomi/gomi_recy/bunbetsu/shigen/sodaigomi/tesuryorei.html

粗大ゴミとしてベッドを回収してもらう手順例

1.受付センターで申し込み

2.手数料を確認し、粗大ゴミ処理手数料券取扱店で粗大ゴミ処理手数料券を購入

3.粗大ゴミ処理手数料券を貼って、収集日の午前9時までに指定の場所に粗大ゴミを出す

まずは市区町村の粗大ゴミ受付センターに電話をし、処分にかかる手数料を確認してください。
そして指定のスーパーやコンビニなどで処理手数料を支払い、粗大ゴミ申し込み券(シール)を購入します。

あとは、粗大ゴミ収集日の朝にベッドにシールを貼って出せばOKです。

高齢者や障害者の方でも安心のふれあいサポート収集

堺市では高齢者や障害者の方で、自ら所定の場所へゴミを排出することが困難で、かつ身近な人の協力が得られない方へのゴミ出しサポートを実施されているようです。

【対象】*以下の全ての要件を満たす方
・65歳以上の高齢者で、ホームヘルパーの介護を受けている方か、身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の交付を受けている方
・自分でごみ出しをするのが難しく、家族や近隣世帯の協力が得られない方
・集積場へのごみ出しが困難な方

*粗大ゴミの場合も同様にこちらのサービスを利用することができ、家の中からゴミを運び出し、収集を行ってもらえます。(申し込みは年度内2回まで)

▼堺市のふれあいサポート収集の詳細はこちら
https://www.city.sakai.lg.jp/kurashi/gomi/gomi_recy/bunbetsu/shigen/sodaigomi/sodaifureai.html

地域の不用品回収業者に任せる

ベッド処分
地域の不用品回収業者に任せる処分方法は、地域自治体で粗大ゴミとしてベッドを処分するよりも手間はかかりませんが、その分費用が余分にかかります。
また業者によって処分料が異なるので、まずはお見積りをお取りいただくことをオススメします。

ベッドの解体から運搬まで丸投げできる

業者によっては、ベッドの解体から運搬まで全て行なってくれるので、女性の一人暮らしや高齢者の方でも安心です。
処分にかかる費用は、シングルベッドやダブルベッドなどの大きさ、また木やパイプなどの素材によっても異なることが多いので、事前に電話でご相談ください。

ベッド以外にも処分したい粗大ゴミがあれば更にお得に

不用品回収業者に依頼する場合は、単品での回収依頼より、他の粗大ゴミとまとめて回収依頼する方が割安になるケースが多いです。
ベッド以外にも処分したいお品物がないか、今一度、ご自宅や店舗を見回してみてください。

当店の場合は、軽トラックに粗大ゴミを積み放題のプランが5,000円〜ご利用いただけます。(回収するお品物によって、5,000円〜、12,000円〜、22,000円〜の3プランに分かれています。)
>>軽トラック積み放題パックの詳細はこちら

大阪府堺市の不用品回収業者 ワイエイトへのご相談はこちら

不用品回収のワイエイト
>>不用品回収のご相談はこちら
TEL:072-281-8060

リサイクルショップに引き取ってもらう

ベッド処分
値段がつくような高価なベッドや希少価値の高いベッド、状態の良いベビーベッドなどはリサイクルショップに引き取ってもらう方法がオススメです。
まずはリサイクルショップに出張査定、引き取りに対応してもらえるかをご確認いただき、ベッドの状態やブランドなどを詳しくお伝えください。
*状態によっては引取してもらえない可能性もあるので、事前の確認は必ず行いましょう。

家具販売店の引き取りサービスを利用する

家具の処分
ベッドを新しく買い替えられる場合は、家具販売店の引き取りサービスをご利用になられることをオススメします。
引き取り料が別途かかる場合もありますが、通常は新しいベッドの配送・設置時に古いベッドの引き取りまでまとめてしてもらえるので、余計な手間がかかりません。
ニトリなどの大手家具販売店では4,400円(税込)程度の費用で買い替え時の引き取りサービスを提供されているようです。(2020年7月現在:費用につきましてはご自身で必ずご確認ください。)

また通販でベッドを購入される場合でも、古いベッドの引き取りサービスを提供されていることもあるようなので、購入されるショップに事前に確認されることをオススメします。

まとめ

ベッドの処分について、代表的な4つの方法をご紹介しました。

1.自治体に粗大ゴミとして出す
2.地域の不用品回収業者に任せる
3.リサイクルショップに引き取ってもらう
4.家具販売店の引き取りサービスを利用する

一般的に、ベッドを新しく買い替えられる場合は、家具販売店の引き取りサービスをご利用いただくのが最適でしょう。
ただし、買い替えではなく処分のみをご希望される場合は、手間とコストを照らし合わせて、ご自身に合った処分方法をご選択していただく必要があります。

中には搬出時に吊り下げ作業が必要な場合なども考えられるので、事前に処分するベッドをよくご確認の上、各お店や自治体にご相談なさってください。

[2023年4月情報更新]